被災地の子供たちに動物カレンダーを贈るプロジェクト

プロジェクトについて

このプロジェクトは、東日本大震災で津波の被害にあった東北沿岸の学校に、子供たちの大好きなアフリカ野生動物の写真つきカレンダーを寄贈し、笑顔と夢を持ち続けてほしいと始めた活動です。

(株)アイ企画は、アフリカ野生動物の映像を撮影、販売している岩手県の会社です。災害の後、被災地に入り、避難所の体育館や、集会所、外で、アフリカ野生動物の映像をプロジェクターで放映し、動物の絆の強さを一緒に感じ、交流して参りました。その時、「アフリカ野生動物カレンダー」を寄贈したところ、被災地の方々に「動物から元気をもらえた」と大変好評でしたので、このプロジェクトを開始いたしました。

カレンダーを受け取った子供たちの様子

カレンダーを受け取った子供たちの様子

昨年度末には、北海道~沖縄までの全国の皆様からのご支援のおかげで、2011年には12,500人分、2012年には10,800人分、2013年には10,000人分ののカレンダーを届け、子供たちとそのご家族、先生方に、大変喜ばれました。

震災から3年目以上が経ちますが、被災地の現状はまだまだ厳しいものです。時に癒され、時に励ましてくれるライオンや、チーター、キリン。厳しいサバンナで生き抜く動物たちのたくましい姿は、子供たちへの応援のメッセージです。被災地に、「これからも応援しているよ」というメッセージを一緒に贈りませんか―――?